gaYa広告

2009年09月14日

アルマジロ・アエロスペースは賞金US$100万を獲得!

NASAは、アルマジロ・アエロスペース(Armadillo Aerospace)が月面着陸チャレンジ(Lunar Lander Challenge)で、Centennial Challengesのレベル2必要条件を満たしたことが証明され、1位になり、US$100万の賞金を受け取る資格を得たと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

アルマジロ・アエロスペースの機能テストは2009年09月12日にテキサス州コド・ミル(Caddo Mills, Texas)で行われた。

アルマジロ・アエロスペースのロケットはUS$100万の賞金を受け取る資格を得るための機能テストで、月面をシミュレートするために、石とクレーターの2番目のパッドを1個のコンクリートの受け台から取り去って、水平に昇り、そして飛び立った。

その乗り物は、パッドで給油した後に、逆、オリジナルのパッドに着陸する飛行を繰り返した。

給油を含む周遊旅行操作をした1時間47分後に終了した。

挑戦のための2.5時間のタイムリミットよりかなり早く完了した。

また、アルマジロ・アエロスペースはそれぞれの飛行で3分間高いところにロケット・パワーで居続けるという必要条件も満たした。

この写真は、技術者ニール・ミルバム(Neil Milburn)、ラス・ブリンク(Russ Blink)、およびマイク・ビンサー(Mike Vinther)が、打ち上げ台で乗り物の点検を実施している光景である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告