gaYa広告

2009年09月14日

ドイツのシュトゥットガルト空港で胴体着陸!

ドイツのSpiegelは、ドイツの政治家SPD(Social Patei Deutschland/ドイツ民主党)のリーダーであるフランツ・モイエントフェリング(Franz Muentefering)が乗客として乗っていたベルリンのテーゲル空港(Tegel airport)発のフォッカ100(Fokker 100)がシュツットガルト空港(Stuttgart airport)に着陸するとき着陸装置に問題が発生し、胴体着陸したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

空港当局は、けが人はいないと言っている。
この事故で 5人の乗客がショックを受け、スチュワーデスは付き添って一緒に病院に向かった。

一般の人が着陸を目撃し、飛行機は泡の保護層に着陸して炎が胴体から吹き出したと話している。
乗客は82人で乗員が5人であった。

このフォッカ100は、フトハンザ(Lufthansa)のパートナーContact Airが運行していた。

シュツットガルト空港(Stuttgart airport)のGoogle Earthポインター情報
48°41'24.85"N,9°11'50.74"E
または、
48.690236, 9.197428

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告