on-the-time.jp

2009年09月14日

ドイツのシュトゥットガルト空港で胴体着陸!

ドイツのSpiegelは、ドイツの政治家SPD(Social Patei Deutschland/ドイツ民主党)のリーダーであるフランツ・モイエントフェリング(Franz Muentefering)が乗客として乗っていたベルリンのテーゲル空港(Tegel airport)発のフォッカ100(Fokker 100)がシュツットガルト空港(Stuttgart airport)に着陸するとき着陸装置に問題が発生し、胴体着陸したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

空港当局は、けが人はいないと言っている。
この事故で 5人の乗客がショックを受け、スチュワーデスは付き添って一緒に病院に向かった。

一般の人が着陸を目撃し、飛行機は泡の保護層に着陸して炎が胴体から吹き出したと話している。
乗客は82人で乗員が5人であった。

このフォッカ100は、フトハンザ(Lufthansa)のパートナーContact Airが運行していた。

シュツットガルト空港(Stuttgart airport)のGoogle Earthポインター情報
48°41'24.85"N,9°11'50.74"E
または、
48.690236, 9.197428

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告