gaYa広告

2009年09月14日

Apple社は着メロを生き返らせることができるか?

Moco Newsは、完全に衰退してしまった着メロのサービスの買い方を変えようとしていると報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

先週、興奮で埋め尽くされたCEOのスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)によって解説された新たなビジネスの中で、多くのジャーナリストが聞き漏らしたかもしれない情報であった。

Apple社は着メロをUS$1.26で販売し始めるという。

今、世界中の約3,000万人のiPhone所有者が直接電話にダウンロードされることができる30秒のオーディオ・クリップに近づく手段を持つことになった。

SNLケーガンと一緒にいるアナリストであるジョンフ・レッチャー(John Fletcher)は、しかし、「皆がそれが好きであるか否かに関係なく、彼らが音楽を定義しているので、私たちがApple社がすることを見る。」と、それが明白なゲーム切換器でないと言った。

2008年に、モバイル・コンテンツ・カテゴリーが注目され、モバイル音楽販売が低下したことがある。

SNLケーガンの研究によると、着信メロ販売は、2007年のUS$7億1400万から、2008年にUS$5億4100万まで24%下落した。

フレッチャーは「着メロに人気がないということではありません。」と言っている。

どのような販売方法にApple社は着メロを変更して来るのか?

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。