2009年09月14日

皆さんに、スペースシャトルの部品を無料でさし上げます!

NASAは、最後のスペースシャトルのフライトが2010年5月31日になり、もうすぐ廃品になるスペースシャトルの部品を無料で提供すると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NASAでは、適任の教育機関、博物館、および他の組織がシャトル人の部品を受け取るために、登録し始めるように誘っている。

この部品は、スペースシャトル計画の重要な人間の宇宙飛行技術、過程、および達成を表している。

利用可能であるかもしれない部品のタイプに関する詳しい情報は小冊子「Space Shuttle Program Artifacts」に含まれて、公開されている。

また、スペースシャトルの部品への広いアクセスを確実にするために、Webベースの電子人工物の第1を提供する共通役務庁「GSAXcess」とパートナーを組んだ。

「GSAXcess」では、NASA SSP Artifacts Prescreening Registerを用意して、多くの部品を紹介している。
そこには宇宙服、ヘルメット、手袋、靴、宇宙食などの小さなものから、宇宙飛行士送迎用のバス、スペースシャトルの着陸用タイヤなども紹介している。もちろんスペースシャトル本体も登場している。

初めは数100の項目の部品だけが紹介され、他の何千もの項目が定期的に加えられる。
各部品は90日間公開されることになっている。

スクリーニング実施期間をいったん閉じると、要請者は彼らの要求の状態に関して、NASAから通知が来る。

博物館と学校の職員は最初に、これらを通過できると言っている。

また注意することは、ペースシャトルの部品は無料だが、その送料は含まれていないので、欲しい人が送料を支払う義務がある。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。