2009年09月05日

サンフランシスコで、それぞれNYTとWSJを発行する計画。

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、よりローカルのニュースを提供することで新しい読者と広告主を得ることを望んで、WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリートジャーナル)とNYT(The New York Times/ニューヨークタイムズ)の両方が、サンフランシスコ湾岸地域版を発行することを計画していると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ダウ・ジョーンズ消費者メディア・グループ(Dow Jones Consumer Media Group)のマーケティング・チーフであるポール・バスコバート(Paul Bascobert)は、
サンフランシスコ版が「確実に私たちが将来に向けている考えで」 「今年後半に、たぶん登場するでしょう。」と言った。

WSJの他の幹部は詳細を語ることを断り、この極秘プロジェクトについて語った幹部は匿名を承諾されて語ったと言っている。

WSJのサンフランシスコ版は、カリフォルニアから1ページか2ページの一般的に興味深いローカルのビジネスニュースに焦点を合わせた地域版を加え、11月か12月に出版され始めると予測している。

また、ニューヨークに拠点を置く新聞は、アートの普及率を加えることへの強調でニューヨーク版を作成するように言われているが、そのプランはまだほとんど進んでいないと報告している。

ロサンゼルス・タイムの落ち込みと迷走をカバーする、サンフランシスコ湾岸地域市場をカバーする計画は、始まったばかりと言える。

ただし、素人目にもNYTとWSJのどちらが成功するか?
何となく想像できるような気になる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。