gaYa広告

9月20日

空の日

「空の日」の起源は、1940年9月28日に制定された「航空日」が始まりで、昭和16年の航空関係省庁間協議で「航空日」を9月20日と決定された。しかし、第2次大戦終戦に伴い、一時休止されたが、民間航空再開40周年にあたる1992年に「航空日」から「空の日」へ改称され、制定された記念日。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本の航空は1952年に民間航空が再開された。
また、9月20日から30日を「空の旬間」とすることも1992年に制定された。
1940年は、日本で最初に日野・徳川両陸軍大尉が代々木練兵場で動力飛行を披露した明治43年(1910年)からちょうど30周年に当たるとともに、紀元2600年の祝典諸行事の計画が国を挙げて進められていた時期でもあった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告