gaYa広告

9月20日

秋社

秋に、生まれた土地の守護神である「産土神」を祀る「社日」。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

古代中国に由来し、「社」とは土地の守護神、土の神を意味する。
「社日」は、春と秋にあり、春のものを「春社」という。
春分または秋分に最も近い「戊(つちのえ)の日」が社日となる。
この日は産土神に参拝し、春には五穀の種を供えて豊作を祈願し、秋にはその年の収獲に感謝する。

出雲の神社を歩いていると、「社日」と呼ばれる五角形の石柱が目に付く。
五柱の神名「天照皇大神、大己貴命、稲倉魂命、埴安媛命、少彦名命」が記され、五角形の正面に天照皇大神が記されている。

天照皇大神は、伊勢神宮に祀られている。
大己貴命は、出雲大社に祀られている。
稲倉魂命は、稲荷であり、全国に祀られる稲荷神社の神である。
埴安媛命は、伊邪那美が火の神迦具土を生んで、陰所を焼き苦しんで尿をし、その尿から化身した神で、水の神が弥都波能売(貴船の神)、土の神が埴安媛命である。
少彦名命は、大己貴命と供に国造りをした神で、一寸法師やコロボックルとも云われる小さな神である。

「五角形」は、「(陰陽)五行」との関連が考えられ、その場合の五神は、久久能智神(木)、迦具土神(火)、埴安媛命(土)、金山毘古神(金)、罔象女神(水)になる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。