on-the-time.jp

9月15日

老人の日

兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町八千代区)の門脇政夫村長と山本明助役が1947年に、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と提唱した「としよりの日」が始まりで、1954年に「としよりの日」という名前で制定された。
2002年までは毎年9月15日を敬老の日としていたが、2001年の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の適用によって、2003年からは9月第3月曜日となった。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

ただし、「敬老の日」を第3月曜日に移すにあたって、高齢者団体から反発が相次いだため、2001年に老人福祉法第5条を改正して9月15日を「老人の日」、この日より1週間を老人週間とした。
9月15日は、「聖徳太子が四天王寺に悲田院を建立した日」「元正天皇が養老の滝に御幸した日」と言った俗説もある。

老人福祉法第五条
国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促すため、老人の日及び老人週間を設ける。
2.老人の日は九月十五日とし、老人週間は同日から同月二十一日までとする。
3.国は、老人の日においてその趣旨にふさわしい事業を実施するよう努めるものとし、国及び地方公共団体は、老人週間において老人の団体その他の者によつてその趣旨にふさわしい行事が実施されるよう奨励しなければならない。

老人とは、老人福祉法の規定で70歳以上となっている。
国民年金は現在は65歳が受給開始の規準で、60歳からの繰上受給、70歳までの繰下受給も可能になっている。
税金の計算では、本人の老年者控除は65歳以上で、老人扶養親族は70歳以上になっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。