on-the-time.jp

9月19日

八朔祭り

旧暦8月1日を示す言葉で、この頃早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあった。
また、田の神に感謝し、収穫の目安を立てる日とされている。
また、一般には二百十日、二百二十日と共に「嵐の来る日」として知られている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

季節の移り変わりの目安として、農家の三大厄日(八朔、二百十日、二百二十日)とされている。

京都市東山区の祇園一帯など花街では、新暦8月1日になっても芸妓や舞妓がお茶屋や芸事の師匠宅へあいさつに回るのが伝統行事になっている。
大阪道明寺天満宮では、道真公の遠祖天穂日命(あめのほひのみこと)を氏神として祭祀して以来、毎年9月1日(旧暦8月朔日)に神事が行われていたことから、農家の節を祝う八朔祭と合わせ、奉納相撲を行なっている。
徳川家康が天正18年8月1日(1590年8月30日)に初めて江戸城に公式入城したとされることから、江戸幕府はこの日を正月に次ぐ祝日としていた。

また、8月1日ごろに食べ頃を向かえるミカン科で柑橘類を「八朔(ハッサク/Citrus hassaku)」と呼び、江戸時代末期に尾道市田熊町(旧因島市)の浄土寺で原木が発見されたとされる。

ただし、八朔祭りは地域により微妙に日時が異なるため、あらかじめ確認する必要がある。

因島のGoogle Earthポインター情報
34°19'18.46"N,133°10'26.54"E
または、
34.321794, 133.174039

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。