9月19日

八朔祭り

旧暦8月1日を示す言葉で、この頃早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあった。
また、田の神に感謝し、収穫の目安を立てる日とされている。
また、一般には二百十日、二百二十日と共に「嵐の来る日」として知られている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

季節の移り変わりの目安として、農家の三大厄日(八朔、二百十日、二百二十日)とされている。

京都市東山区の祇園一帯など花街では、新暦8月1日になっても芸妓や舞妓がお茶屋や芸事の師匠宅へあいさつに回るのが伝統行事になっている。
大阪道明寺天満宮では、道真公の遠祖天穂日命(あめのほひのみこと)を氏神として祭祀して以来、毎年9月1日(旧暦8月朔日)に神事が行われていたことから、農家の節を祝う八朔祭と合わせ、奉納相撲を行なっている。
徳川家康が天正18年8月1日(1590年8月30日)に初めて江戸城に公式入城したとされることから、江戸幕府はこの日を正月に次ぐ祝日としていた。

また、8月1日ごろに食べ頃を向かえるミカン科で柑橘類を「八朔(ハッサク/Citrus hassaku)」と呼び、江戸時代末期に尾道市田熊町(旧因島市)の浄土寺で原木が発見されたとされる。

ただし、八朔祭りは地域により微妙に日時が異なるため、あらかじめ確認する必要がある。

因島のGoogle Earthポインター情報
34°19'18.46"N,133°10'26.54"E
または、
34.321794, 133.174039

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。