8月9日

長崎原爆の日

1945年8月9日午前11時02分、広島に続き、米軍の「ボックスカー(Bockscar)」が大量破壊兵器「原子爆弾」を長崎に投下した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

当時の長崎市の人口24万人と推定されたが、約7万4千人が死亡し、建物の約36%が全焼または全半壊した。

8月6日の広島原爆投下作戦において観測機B-29「グレート・アーティスト(The Great Artiste)」を操縦したチャールズ・スウィーニー(Charles W. Sweeney/1919 - 2004)少佐は、テニアン島へ帰還した夜に、B-29「エノラ・ゲイ(Enola Gay)」の機長であったポール・ティベッツ(Paul Warfield Tibbets, Jr./1915 - 2007)大佐から、再び原爆投下作戦が行われるためにその指揮を執ること、目標は第1目標が福岡県小倉市(現:北九州市)、第2目標が長崎市であることを告げられた。
原爆を担当したのはフレデリック・アッシュワース(Frederick Lincoln "Dick" Ashworth1912 - 2005)海軍中佐であった。
この小倉上空での3回の爆撃航程失敗し、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、雲の切れ間から一瞬だけ眼下に長崎市街が覗いた。

長崎市などを指す「長崎」が「ナガサキ」とカナ表記される場合は長崎市への原爆投下を指すことが多い。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。