on-the-time.jp

8月9日

長崎原爆の日

1945年8月9日午前11時02分、広島に続き、米軍の「ボックスカー(Bockscar)」が大量破壊兵器「原子爆弾」を長崎に投下した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

当時の長崎市の人口24万人と推定されたが、約7万4千人が死亡し、建物の約36%が全焼または全半壊した。

8月6日の広島原爆投下作戦において観測機B-29「グレート・アーティスト(The Great Artiste)」を操縦したチャールズ・スウィーニー(Charles W. Sweeney/1919 - 2004)少佐は、テニアン島へ帰還した夜に、B-29「エノラ・ゲイ(Enola Gay)」の機長であったポール・ティベッツ(Paul Warfield Tibbets, Jr./1915 - 2007)大佐から、再び原爆投下作戦が行われるためにその指揮を執ること、目標は第1目標が福岡県小倉市(現:北九州市)、第2目標が長崎市であることを告げられた。
原爆を担当したのはフレデリック・アッシュワース(Frederick Lincoln "Dick" Ashworth1912 - 2005)海軍中佐であった。
この小倉上空での3回の爆撃航程失敗し、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、雲の切れ間から一瞬だけ眼下に長崎市街が覗いた。

長崎市などを指す「長崎」が「ナガサキ」とカナ表記される場合は長崎市への原爆投下を指すことが多い。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告