2008年07月30日

Facebook上のScrabbleは消えたが、攻撃は続く!?

paidcontentは、newsfactor.comからのレポートとして、2008年7月29日にアプリケーションScrabulousがFacebookから削除されたが、攻撃されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

攻撃を知った、Scrabbleを販売しているHasbro(ハスブロ)のパートナーElectronic Artsは、声明をリリースした。

「私たちは、この問題を解決して、オンラインでできるだけ早くプレーできる準備ができ対ます。Scrabbleを返してもらうためにパートナーと共に働いています。」と言った。

HasbroがScrabulousに対して訴訟を起こした後に、書き込み攻撃が急増し、2008年7月29日にアプリケーションScrabulousがFacebookから削除された後に、Hasbroはオフラインになった。

Scrabbleが、どう問題に行きあたったかに関して、不満が鬱積したScrabulousユーザーから、ソフトウェア・バグかシステム・ハックしたかもしれないという思惑を残したまま、単に供給停止を引き起こした。

FacebookからScrabulousが削除される前に、Scrabulousには米国の声のファンベースで約50万人のユーザーがいた。

Scrabbleボイコット・グループは、Scrabulousが戻ってくるまでHasbroのゲームを完全にボイコットする目的で何千人ものメンバーが、Facebookに集まったと報告している。
もっとも不思議な著作物事件になった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。