on-the-time.jp

2008年07月30日

モトローラ、携帯電話メーカー4位に転落!

Moco Newsは、予想より6ヶ月早く、モトローラ(Motorola)が先の四半期よりシェアを無くし、携帯電話メーカーとして4位に転落したと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ブルームバーグ(Bloomberg)によって調査された6人のアナリスト平均では、韓国のLG社が四半期に2,770万台の携帯電話を出荷し、モトローラは最後の四半期に4分の1(26%)下落して、2,610万台の携帯電話出荷であったと報告している。

この四半期に急降下爆撃され、四半期に2,440万台の出荷に終わった5位のソニー・エリクソン(Sony Ericsson)社さえ、モトローラ社よりマシであったと言っている。

2位は、Samsungで4,570万台を出荷し、トップのノキア社は1億2200万台を出荷したと報告した。

Kaufman Brothers LPのアナリストRaimundo Archiboldはニューヨークで、このような状況ではモトローラ社がニューヨークでビジネス展開できなくなると指摘している。
このまま行けばモトローラ社は、早めに手を引いて、ビジネスを閉じることを考えなければならないと言っている。

韓国勢やノキア社は、Apple社のiPhoneが売れるとすぐに、恥も外聞も捨て対応したが、ソニー・エリクソン社、モトローラ社は対応できなかった。
これから携帯電話の形態は、さらに激しく変化することでしょう。
とくに、まだ過渡期で、低価格ミニノートPCを携帯電話に融合させた、独特のマシンが登場することになる。
それは、iPhoneやBlackBerryではなく、ノートPCでもない。
爆発的な機種が出て、定着することを予測している。

何を残し、何を削り、何を新規採用するのか?
何をユーザーは、求めているのか?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告