7月24日

アゼルバイジャン、国の記念日「National Press Day」

RFE(Radio Free Europe)は2008年7月22日に、7月22日はアゼルバイジャンの記念日「National Press Day」であったが、南部コーカサス山脈の国で働く独立系ジャーナリストには、お祝いする理由がほとんど見つからなかったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

なぜなら、彼らの仲間3人は投獄されたままになっている。
例えば、新聞「Realny Azerbaijan」の編集者Eynulla Fatullayevは、民族の憎しみと脱税から、テロに関連する告発で8年半の刑に服している。

反対新聞「Azadliq」の編集者Qanimat Zahidは、暴行罪で告発され、4年の刑に服している。

反対新聞「Azadliq」の風刺画家で詩人のMirza Sakitは、麻薬関連で3年の刑が請求され、裁判中である。
この3人は、ヨーロッパでは、政治犯と見なされている。

彼らの無罪は、国際的にで地方の監視団体、非政府などで多くの人が信じていて、アゼルバイジャンのイリハム・アリエフ(Ilham Aliyev)大統領に、3人の釈放を要求している。

アゼルバイジャンで投獄された他の6人のジャーナリストは、ここ6ヶ月で釈放された。

アリエフ大統領は、低利融資を含んで、財政援助として国の活字メディアにUS$200万を提供し、法令に調印すると予想されている。

新聞「Realny Azerbaijan」と反対新聞「Azadliq」の副編集長を含むエディタの中には、アリエフ大統領が選挙の前に、国営メディアを金で買うようなものであると言っている人もいる。

また今回の計画は、国家貨幣でアゼルバイジャン人ジャーナリストを扶養家族にすることを目的としていると言い足した人もいた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告