2008年07月18日

台湾、オリンピックでの呼び方で中国メディアに猛抗議!

Asia MediaはThe China Postからの情報として、台湾のDDP(Democratic Progressive Party)が北京夏季オリンピックの始まる前に、台湾のことを「中国、台北」紹介した中国国営メディアに、台湾を過小評価した呼び方として、猛烈に抗議したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

台湾のDDP(Democratic Progressive Party)党首Cheng Wen-tsanは、あいまいな言葉で、台湾が容認できない中国の一部であることを含意したと主張した。

中国は台湾を中国の一部と考え、台湾は独立国と主張している問題は、オリンピックが近づくとかなわず出てくる問題と考えていたが---

伝えられるところによれば、中国のCCTVと新華通信社は、台湾が2008年北京オリンピックのために代表チームを選択したと報告しているとき、は「中国、台北(China, Taipei/Zhongguo, Taipei)」と呼んで台湾の運動チームを紹介した。

Cheng Wen-tsanは、国際オリンピック委員会(International Olympics Committee)では、「中国、台北(China, Taipei/Zhongguo, Taipei)」ではなく、「中華台北(Chinese Taipei/Zhonghua Taipei)」と呼ばれてきた。

Cheng Wen-tsanは、閣僚級大陸委員会、台湾最高中国政策調整官、およびSports Affairs Councilは公的に2つの報道機関について抗議すると言った。
また、DPP事務次長Chen Chi-maiは、台湾で支配的な国民党がオリンピックの間、台湾の格下げを防ぐために北京当局と正規ルートで抗議するよう呼びかけた。

野党の所見に対応して、大統領事務局スポークスマンのWang Yu-chiは、本当に、台湾のオリンピック・チームは「中華台北」と呼ばれると強調した。

1989年に香港で、台湾海峡とIOCの2つの側面で調印されたプロトコルに基づいて、1981年以来台湾は「中華台北(Chinese Taipei/Zhonghua Taipei)」という英語タイトルの下で国際的なスポーツ大会に参加してきた。
この協定は、中国のスポーツ大会に参加するとき、すべてのスポーツチームか台湾を代表する組織がIOC規程に続くと述べた。

CCTVと新華通信社の勉強不足か?
それとも意識的か?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告