on-the-time.jp

2008年07月18日

台湾、オリンピックでの呼び方で中国メディアに猛抗議!

Asia MediaはThe China Postからの情報として、台湾のDDP(Democratic Progressive Party)が北京夏季オリンピックの始まる前に、台湾のことを「中国、台北」紹介した中国国営メディアに、台湾を過小評価した呼び方として、猛烈に抗議したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

台湾のDDP(Democratic Progressive Party)党首Cheng Wen-tsanは、あいまいな言葉で、台湾が容認できない中国の一部であることを含意したと主張した。

中国は台湾を中国の一部と考え、台湾は独立国と主張している問題は、オリンピックが近づくとかなわず出てくる問題と考えていたが---

伝えられるところによれば、中国のCCTVと新華通信社は、台湾が2008年北京オリンピックのために代表チームを選択したと報告しているとき、は「中国、台北(China, Taipei/Zhongguo, Taipei)」と呼んで台湾の運動チームを紹介した。

Cheng Wen-tsanは、国際オリンピック委員会(International Olympics Committee)では、「中国、台北(China, Taipei/Zhongguo, Taipei)」ではなく、「中華台北(Chinese Taipei/Zhonghua Taipei)」と呼ばれてきた。

Cheng Wen-tsanは、閣僚級大陸委員会、台湾最高中国政策調整官、およびSports Affairs Councilは公的に2つの報道機関について抗議すると言った。
また、DPP事務次長Chen Chi-maiは、台湾で支配的な国民党がオリンピックの間、台湾の格下げを防ぐために北京当局と正規ルートで抗議するよう呼びかけた。

野党の所見に対応して、大統領事務局スポークスマンのWang Yu-chiは、本当に、台湾のオリンピック・チームは「中華台北」と呼ばれると強調した。

1989年に香港で、台湾海峡とIOCの2つの側面で調印されたプロトコルに基づいて、1981年以来台湾は「中華台北(Chinese Taipei/Zhonghua Taipei)」という英語タイトルの下で国際的なスポーツ大会に参加してきた。
この協定は、中国のスポーツ大会に参加するとき、すべてのスポーツチームか台湾を代表する組織がIOC規程に続くと述べた。

CCTVと新華通信社の勉強不足か?
それとも意識的か?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告