gaYa広告

2008年07月18日

誰も見ない、TVのヒット作品?

Los Angeles Timesは、文化的な傾向を強調するために、今年のエミー賞ノミネート作品(Emmy nominations)は最も注目に値するかもしれないと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

そこには、評論家とTV産業界のベテランが大事にすることと、一般大衆が認める番組とのギャップが大きくなっていることから起こる現象で、これに似た現象は前インターネット時代のマスコミ文化で、映画、本、および他の芸術形式で起こっていることを反映するシフトで、容赦のない狭い選択範囲を演出して起こっていた。

台本に書かれたシリーズは、何人かのテレビの歴史で最も大きい聴衆を伝統的に捕まえた。
しかし、現在のテレビのコメディとドラマが例外の散在と共に文化的エリートにとって、高価な転換になりながら、1960年代起こった19世紀か外国産のフィルムのオペラと同系で存在していた。

米国のテレビ大衆は最近、9,750万人の記録的な聴衆を獲得したフォックスにおける2月のスーパーボウル放映などの主要なスポーツ競技への群れと、「American Idol(アメリカン・アイドル)」か「Dancing With the Stars.(スターとダンス)」などのライブ実録番組の傾向がある。
これらを、これまでの傾向からエミー賞ノミネート作品に選ぶことはできない。

現実に聴衆が多く集まる番組をエミー賞にノミネートすることは、評論家とTV産業界のベテランのプライドをずたずたにする。

エミー賞に選ばれるのは、テレビ業界の産業として貢献しなかった作品になることでしょう。
しかし、それではテレビ業界の産業としての賞ではなくなってしまう。

日本の芸術選奨のようになったエミー賞で、米国国民は納得するのか?
いっそのこと、重々しいブロンズではなく、軽いプラスチックか、ネオンサイン管にしたら、壇上に上がるのは、アメリカン・アイドルの出演者と、スーパーボウルの優勝者!

テレビに文化を期待するから、矛盾が生まれる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告