on-the-time.jp

2008年07月18日

誰も見ない、TVのヒット作品?

Los Angeles Timesは、文化的な傾向を強調するために、今年のエミー賞ノミネート作品(Emmy nominations)は最も注目に値するかもしれないと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そこには、評論家とTV産業界のベテランが大事にすることと、一般大衆が認める番組とのギャップが大きくなっていることから起こる現象で、これに似た現象は前インターネット時代のマスコミ文化で、映画、本、および他の芸術形式で起こっていることを反映するシフトで、容赦のない狭い選択範囲を演出して起こっていた。

台本に書かれたシリーズは、何人かのテレビの歴史で最も大きい聴衆を伝統的に捕まえた。
しかし、現在のテレビのコメディとドラマが例外の散在と共に文化的エリートにとって、高価な転換になりながら、1960年代起こった19世紀か外国産のフィルムのオペラと同系で存在していた。

米国のテレビ大衆は最近、9,750万人の記録的な聴衆を獲得したフォックスにおける2月のスーパーボウル放映などの主要なスポーツ競技への群れと、「American Idol(アメリカン・アイドル)」か「Dancing With the Stars.(スターとダンス)」などのライブ実録番組の傾向がある。
これらを、これまでの傾向からエミー賞ノミネート作品に選ぶことはできない。

現実に聴衆が多く集まる番組をエミー賞にノミネートすることは、評論家とTV産業界のベテランのプライドをずたずたにする。

エミー賞に選ばれるのは、テレビ業界の産業として貢献しなかった作品になることでしょう。
しかし、それではテレビ業界の産業としての賞ではなくなってしまう。

日本の芸術選奨のようになったエミー賞で、米国国民は納得するのか?
いっそのこと、重々しいブロンズではなく、軽いプラスチックか、ネオンサイン管にしたら、壇上に上がるのは、アメリカン・アイドルの出演者と、スーパーボウルの優勝者!

テレビに文化を期待するから、矛盾が生まれる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告