2007年07月18日

NGMNが2010年までにモバイル広帯域規格を提示!

未来

イギリスのITPROは、主要なモバイル企業が参加しているNGMN(Next Generation Mobile Networks) allianceが、これからのモバイル・サービスをサポートするために必要な費用対効果に優れたインフラストラクチャを作成するために、規格を作成すると誓約したと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

モバイル広帯域サービスが提供され、高度モバイル環境を利用するモバイル・プレーヤーが増えることが期待されていることから、現在の通信基盤に置き換えられるネットワークの規格を共同で作成すること目的に、NGMNは2010年までに規格を提示することを言い足している。

NGMNには、支持者リストへ新規にAlcatel-Lucent社、Cisco社、Ericsson社、Intel社、Motorola社、Nokia社、Nokia Siemens Networks社、Nortel社、Qualcomm社、Texas Instruments社が参加を表明している。
また、さらに次世代技術の作成に関連しているコストなどの利害関係者にとって、より予測でき、透明にする新しいIPR(Intellectual Property Rights/知的所有権)協定を作成したと発表した。

NGMN議長でT-Mobile InternationalチーフエグゼクティブのHamid Akhavanは、「NGMNは将来の顧客にとってモバイル通信生態系のすべての関係者が参加する存在で、有益な3Gを超えて費用対効果に優れたモバイル技術を開発し、配布するという一般的な目標を追求するために、30以上の産業の重要人物と協力することに関して非常に興奮している。」と述べている。

米国では700MHzオークションが2008年に実施され、これにどのように参画できるかということが通信企業の大きなテーマであり、現在のところ通信事業者とチップ会社だけが参画しているが、将来はコンテンツ会社、とくに700MHzへ意欲を燃やしているGoogleなどがどのように関係してくるかによって、まだ始まったばかりという感じがする。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。