on-the-time.jp

2007年07月18日

米国の家庭で2008年までに5200万台以上のHDTV。

Hollywood Reporterは、DEG(Digital Entertainment Group)からの情報として、米国には3000万以上の家庭で最低1台のHDTV(High Definition digital TeleVision)があると報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

さらに2007年の前半で4500万台が販売され、それは2006年の半年間より50%多く販売された。
そう言えば、最近よく見る米国の家庭や若者の写真は、病んでいるのに普通のように掲載されている。

CEA(Consumer Electronics Association)のレポートによれば、2007年末までにさらに1600万台販売され、合計で5200万台以上になると予測している。

これは全米の36%の家庭でHDTVが浸透し、20%の家庭には1台以上のHDTVがあることになると報告している。

以前は、「HDTV」といえばアナログハイビジョンのことであったが、現在ではすべてデジタル化され、現在もHigh Definition TeleVisionの略称である「HDTV」と「デジタルHDTV」を別に表記し、それまではdigital High Definition TeleVisionと表記していたが、High Definition digital TeleVisionの略称になってしまった。

言葉は、環境でどんどん進化していく!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告