on-the-time.jp

2007年07月18日

自動車会社フィアットは、衛星ラジオのWorldSpaceと協定締結!

Media Network Weblogは、自動車会社フィアット(Fiat Group Automobiles)がヨーロッパ、中東、アフリカ、インドをはじめとするアジアで衛星ラジオ(デジタル・サテライト・ラジオ放送/satellite radios)を提供している「WorldSpace」との協定にサインしたと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

これでフィアットは、世界で初めて「WorldSpace」の衛星ラジオを聞くことができる自動車メーカーになった。

「WorldSpace」は1日24時間番組、2008年後半からイタリア国中に向け、コマーシャル無しの音楽、ニュース、エンターテインメント、およびスポーツなど、40-50チャンネルの放送を開始する。

「WorldSpace」は番組でさらに、Fiat Group Automobiles専用のチャンネルとして、ディーラー、および顧客向けの放送も織り込む。

2009年後半から、Fiat Group Automobilesは、工場によってインストールされたOEM(Optional EquipMent)として、アルファ・ロメオ(Alfa Romeo)社、およびランチア(Lancia)モデルを、WorldSpace衛星ラジオで紹介する。
さらに、Fiat Group Automobilesは、アフター・マーケット・チャンネルとして、顧客へWorldSpace携帯用衛星ラジオ受信機を提供する。

Fiat Group Automobilesでは、イタリアに加えて、フランス、ドイツ、スペイン、イギリス、トルコ、およびポーランドにもWorldSpace衛星ラジオのサービスを拡大していく計画である。
この衛星ラジオはくせ者で、衛星ラジオの無線を利用することで、ラジオ放送以外にも、これまでとはまったく違った無線サービスへと進化させることも可能である。
なぜ、これまで世界中の自動車会社が、衛星ラジオに着目しないのか不思議であった。
これだけ携帯電話が浸透した中で、日本では衛星ラジオの有用性を生かしていない珍しい先進技術国と言える。

確かに、まだ成功例は少ないが、魅力ある市場であることは疑うことができない。
後は、アイディアである。

衛星ラジオ放送を英語で書くと、「satellite radios」となり、「radios」とはラジオ放送だけではなく、無線通信という意味があることを知れば、その瞬間、サービス枠が一気に拡大される。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告