2006年07月18日

ニューヨーク・タイムズは植物資源保護で新聞サイズ縮小

PaidContent.orgは、ニューヨークタイムズ(New York Times)は、新聞のサイズを1半インチ狭くして、ニュージャージー州エディソンですべての印刷操作を終えることを計画していると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この変更を250の生産関連の仕事を削減する計画として2008年4月に実施する新聞事業再設計によって、紙の段階的で導入される。
ニューヨーク・タイムズのサイズ減少は紙のニュース・スペースの5%が消えることになり、新聞紙の編集主幹Bill Kellerは、これがよりきつい編集とダイジェストフォームに何らかのニュースを入れることを必要とすると言いっている。
身近な連祷として、紙の新聞読者を減少させ、さらに読者はオンラインに流れることになるかもしれないと分析している。

新聞の紙消費量は膨大で、それも毎日発行されることから、新聞のサイズを1半インチ狭くしてももの凄い量になる。

新聞の合理化は、こんなところにまで影響し始めた。
新聞紙上で自然保護と訴えているわりには、すぐ捨てられる新聞を毎日発行し続けるという矛盾は---まだまだ回避できていない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。