on-the-time.jp

2006年07月18日

ニューヨーク・タイムズは植物資源保護で新聞サイズ縮小

PaidContent.orgは、ニューヨークタイムズ(New York Times)は、新聞のサイズを1半インチ狭くして、ニュージャージー州エディソンですべての印刷操作を終えることを計画していると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この変更を250の生産関連の仕事を削減する計画として2008年4月に実施する新聞事業再設計によって、紙の段階的で導入される。
ニューヨーク・タイムズのサイズ減少は紙のニュース・スペースの5%が消えることになり、新聞紙の編集主幹Bill Kellerは、これがよりきつい編集とダイジェストフォームに何らかのニュースを入れることを必要とすると言いっている。
身近な連祷として、紙の新聞読者を減少させ、さらに読者はオンラインに流れることになるかもしれないと分析している。

新聞の紙消費量は膨大で、それも毎日発行されることから、新聞のサイズを1半インチ狭くしてももの凄い量になる。

新聞の合理化は、こんなところにまで影響し始めた。
新聞紙上で自然保護と訴えているわりには、すぐ捨てられる新聞を毎日発行し続けるという矛盾は---まだまだ回避できていない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。