on-the-time.jp

2006年07月18日

ニューヨーク・タイムズは植物資源保護で新聞サイズ縮小

PaidContent.orgは、ニューヨークタイムズ(New York Times)は、新聞のサイズを1半インチ狭くして、ニュージャージー州エディソンですべての印刷操作を終えることを計画していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この変更を250の生産関連の仕事を削減する計画として2008年4月に実施する新聞事業再設計によって、紙の段階的で導入される。
ニューヨーク・タイムズのサイズ減少は紙のニュース・スペースの5%が消えることになり、新聞紙の編集主幹Bill Kellerは、これがよりきつい編集とダイジェストフォームに何らかのニュースを入れることを必要とすると言いっている。
身近な連祷として、紙の新聞読者を減少させ、さらに読者はオンラインに流れることになるかもしれないと分析している。

新聞の紙消費量は膨大で、それも毎日発行されることから、新聞のサイズを1半インチ狭くしてももの凄い量になる。

新聞の合理化は、こんなところにまで影響し始めた。
新聞紙上で自然保護と訴えているわりには、すぐ捨てられる新聞を毎日発行し続けるという矛盾は---まだまだ回避できていない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。