on-the-time.jp

2005年07月18日

中国2005年春夏10大流行語。

新華社は2005年7月18日に、食品安全、共産党係新鋭の性教育、1000手観音、連宋大陸行、大学入試移民、入場券は値上げ、株主権改革、色革命などに分けられ、さらに国際時事、国内時事、経済、教育、科学技術、文化の分類と、国際連合、安全の専門課題から「2005年の春夏季中国主流新聞の10大流行語」を発表した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

国際時事では、反ファッショ戦争60周年、世界経済的論壇、津波警報、京都議定書、災後再建、ヨーロッパ連合憲法条約、安楽死、イラク総選挙、核問題、ブレア重任。

国内時事では、安全生産、砕氷の旅、台湾果物、ヨーロッパ遊泳、社会救助、魚捕護、余林事件、日が差さない選挙臨時代行、頼斯の華、法制政府。

経済では、人民元切り上げて、原油値段、経済全面調査、部屋利率、財貨世界的論壇、中欧織物談判、健康住宅、格安飛行、経済的自由指数、報復性関税。

教育では、公平教育、第46級の試験改革、陳丹青辞職、贋の2B鉛筆、丁俊暉事象、留学警報、孔子学院、東アジア三国の近現代史、神童退学、沙蘭鎮モデル小学校。

科学技術では、南極科学試験、細胞、MP4放送器、携帯電話テレビ、新連想、泰坦之旅、深度撃突、神舟6号、物理照準世界、鶏ゲノム。

文化では、中国、漢武大帝、陳逸の感動飛、青紅、鄭和下西洋、行為芸術、中国世紀、圓明園環、スーパー女声(超級女声)、國學院。

国際連合では、国連憲章60周年、国際連合常任理事国追加、国際連合改革署名調印、安全保障理事会改革、行使権否決、日本の常任理事国入反対、コーヒークラブ、四国提案、準常任委員理事国、コンセンサスを謀る団結運動。

安全では、スーダン紅、人工ミルク、粉乳沃素含有量基準超過、甲レバーワクチン事件、化粧用クリーム腐敗、ネットワーク銀行の安全、高温の橙色警報、乳へ帰る事件、抗生物質残留、無写真生産。

正直に言って、何カ所かは中国独自で、何のことかさっぱり判らなかった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告