2005年07月18日

メディア改革におけるクリエイティブ・アーティストの意見。

2つの議会幹部会議が主催したテレコミュニケーション法(telecommunications laws)に関して開催されたフォーラムにミュージシャン、映画脚本作家、俳優、およびプロデューサーの代表がパネリストとして参加し、潜在的変化によって逆に影響を与えられる方法に関する異なった意見を提供したとTechnology DailyでDrew Clarkが報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

その内容は「ラジオビジネスにおける強化」「ケーブルテレビ事業のプログラミング・コントロール」「テレビの無作法」「テレビ放送ネットワークのフィルム生産会社所有権」について語られ、the Center for Creative Voices in MediaのJonathan Rintelsの言葉から「the media is the town square,(メディアは町の広場)」という考え方に全員が同意し、「the way around the choke-points that the conglomerate(コングロマリットは難所の周り道)」になることから、コントロールする必要があるという意見が集中したと報告した。

やっぱり、コングロマリットの利益に対するエゴがスムーズに行く道を混乱させ、メディア改革を遅らせることになるという、これまでに何度もでてきた意見になった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告