gaYa広告

2005年07月18日

Linux版Skypeで脆弱性が発見された。

Secunia Security Advisoriesは、Zone-H Security TeamのGiovanni Delvecchioからの情報として、Linux版Skype 1.1.0.20.で悪意があるプログラムで乗っ取られる可能性がある脆弱性の被害がじょじょに拡大していると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

脆弱性は、「/tmp/skype_profile.jpg」という一時的なファイルのため不安定に作成され、アプリケーションを実行している任意のファイルを作成するか、または上書きするsymlink攻撃で、これを利用することができ、ユーザーの特権が影響を受ける可能性があると報告した。

Linux版Skype 1.1.0.20.以前のバージョンにも影響するかどうかは確認されていない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告