2005年07月18日

中国の都会で起こった不動産展示場の10大事件簿。

新華社が、都会で急速に進む住宅の開発で起こった住宅展示場関連の10大事件簿とその黒幕について特集を発表した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

どうも中国では不動産ブームに便乗した事件が多発している。

まるで、電子機器の展示会のようで、住宅展示場に来る人は、日本とはだいぶ違う。

No.1 所有者は「東環の18」の住宅展示場を占領した。
時:2001年9月
場所:北京秋季住宅展示場
概要:2001年9月に「東環18」と「九竜花園」は同じ開発企業が開発し、開発企業は承諾したが実行されないため、「九竜花園」の所有者達は「東環の18」の展示会を占領して、そして観衆に向けて、だまされないように警告した。

No.2 「華清嘉の園」の所有者は住宅展示場で権利要求。
時:2001年10月
場所:中国北京秋季貿易住宅展示場
概要:「華清嘉の園」の1人の所有者が、入居する時多くの情況と契約が皆一致しないことを発見して、何度も交渉した後にも大きな相違があり、2001年 10月に一部の所有者が展示会で集団の権利要求を実施し、開発企業が受け取るべきでない金と管理費を返して、いくつか家屋の品質問題に対しては補修を行った。

No.3 2社の3住宅展示場で、騒音問題が発生。
時:2005年3月
場所:北京軍博住宅展示場
概要:騒音問題で殴り合いが始まり、1日では解決しないで、翌日には20人以上が暗いうちから飛び出して参戦した。

No.4 新しい移住者が郷里の所有者の連名で、住宅展示場で問題を解決。
時:2001年12月
場所:北京冬季住宅展示場
概要:数10名の新華が、郷里の1人の所有者に土地を抵当にされ、財産権は当てがなく、開発企業が思い上がって書類を集め、新しい移住者が錦園に連名で、不動産商に問題を解決するように求めた。

No.5 「南向園」の所有者が住宅展示場の苦難を訴えた。
時:2001年9月
場所:北京秋季住宅展示場
概要:南向園の一人の所有者が「苦」「惨」「煩」の文字をプリントしたTシャツを着て、夜間施行する違反に対して抗議し、開発企業の責任者は当日すぐ北京に飛んで帰って、急速に合意に達して、その展示は翌日の午後に回復する。

No.6 「東環18」の所有者が住宅展示場を包囲。
時:2001年12月
場所:中国北京冬季貿易住宅展示場
概要:40数名の「東環18」の所有者は「部屋の賠償金を退く」「ペテンに詐欺を働く」「腹黒いお金を稼ぐ」な度のプラカードを持って住宅展示場を包囲し、「詐欺、詐欺」のスローガンを呼んで、多くの住宅購入者に足を止めさせ、保安を阻止し、交通停滞を起こし、以前問題は解決していない。

No.7 「 回竜」の所有者が開発企業は堪え難いと訴える。
時:2003年10月
場所:北京秋季住宅展示場
概要:約10の回竜所有者が開発企業の堪え難いと。頭に白い帽子をかぶって、垂れ幕を張って信用できないと抗議し、住宅展示場を閉鎖するように要求した。原因は1号の所有者の住宅購入の時、団地の計画図では、とても大きい緑地があったが住居して2〜3年経ったが緑地は放置されたままでできず、緑地はいつできるのかという問題から発展した。

No.8 米国カリフォルニア州の開発企業に対して、所有者が服装を統一して告発した。
時:2005年4月
場所:中国北京春季貿易住宅展示場
概要:約10人が服装を統一し、モデルルームの本質的な材料や具体的な標準装飾が明確にされないまま契約させるなど、開発企業が約束を守らないため、告発すると抗議運動を行い、素材などの明細書にサインを求めた。

No.9 万科都市花園の所有者が住宅展示場で新聞を配布した。
時:2003年11月
場所:中国北京冬季貿易住宅展示場
概要:都市のメディアが万科都市花園の所有者の8年にわたる権利要求の記事を報道した後、その記事の内容を所有者が300部を持って住宅展示場に来て、「万科事件」の報道の新聞に関係して展示会に参加する人に配布し、「私達はみんなに「万科事件」の真実を知らせたいと抗議した。

No.10 東潤の景色は住宅展示場の案内と大違い。
時:2002年11月
場所:中国北京春季貿易住宅展示場
概要:模型で作られた景観を囲んで、開発会社に対して全く違うと抗議し、メディアの記者に調べるように要求した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト