on-the-time.jp

7月25日

大阪天神祭

大阪天満宮で行われ、大阪天満宮が鎮座した2年後の951(天暦5)年6月1日より始まったとされ、京都の祇園祭、東京の神田祭と共に日本三大祭の一つになっている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

祭事は大川より神鉾を流して、流れ着いた場所に祭場を設け、その祭場で禊払いを行うというもので、これが「鉾流神事」の元となり、その祭場に船で奉迎したことが「船渡御」の起源となったと伝えられている。
慶応元年、将軍徳川家茂が長州征伐のため大阪城に入城したため、天神祭は中止され、維新の騒乱により明治4年に復活するまで中止された。
本社営繕やコレラの流行のため、明治7年に船渡御が中止され、明治14年に復活するまで再び中止された。

6月下旬吉日に、天神祭の神事始めの行事として「装束賜式(天神祭神事始め)」が行われる。

6月下旬に、船割り、浴衣販売

7月7日に、天満天神七夕祭(天神祭前儀)
7月11日に、船渡御事始式
7月15日に、葦奉納式
7月18日前後に、台搦み
7月21日前後に、本社神輿蔵出し
7月22日に、伏見三十石船献酒祭
7月23日に、宵々宮(俗称)、御羽車巡幸、庖丁式
7月24日に、本殿において人々の無病息災と鉾流神事の無事が祈願される「宵宮」が行われる。
鉾流橋の水上より鉾を流す「鉾流神事」が行われる。
「催太鼓宮入」が行われる。
「獅子舞宮入」が行われる。

7月25日に、本宮、
「夏大祭神事」として、氏地、氏子の平安を祈り、神霊移御祭で御霊を御鳳輦(ごほうれん)に移す「神霊移御祭」が行われる。
船渡御の乗船場までの約4kmを約3000人の行列が、先頭に催し太鼓、続いて猿田彦や采女(うねめ)、花傘、猩々の人形を乗せた山車、牛曳童児などの第一陣、御羽車や神霊を移した御鳳輦のある第二陣、玉神輿と鳳神輿の第三陣によって構成され渡御する「陸渡御」が行われる。

船は4種類に分けれられ、御神霊をのせた御鳳輦奉安船、催太鼓船や地車囃子船など神に仕える講社の供奉船、協賛団体や市民船などの神をお迎えする奉拝船、どんどこ船や御迎人形船、落語船など祭を盛り上げるため自由に航行できる列外船などが参加し、「船渡御」が行われる。
奉安船や供奉船が天神橋のたもとから出航して大川を遡り、反転して下る。
協賛団体による奉拝船は飛翔橋より下り、天神橋で反転し遡る。
船同士が行き交う時には大阪締めが交換されるが、御鳳輦奉安船が通過するときは沈黙するのがならわしになっている。

渡御が終わった一団が天満宮に戻り、獅子舞が四方清めと本殿へ走りこむ「還御祭」が行われ、祭りは終わる。

大阪天満宮のGoogle Earthポインター情報
34°41'45.72"N,135°30'45.35"E
または、
34.696033, 135.512597

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。