7月1日

国民安全の日

昭和30年代前半に、生産の活発化に伴う産業災害の増加、自動車の激増に伴う交通災害の続発など、いろいろな災害により、国民生活が脅かされ、1959年に設置された産業災害防止対策審議会の答申を受け、1960年5月6日に閣議で了承され、制定された記念日。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

趣旨は、国民の一人一人が生活のあらゆる面で、施設や行動の安全について反省を加え、安全確保に留意し、これを習慣化する気運を高め、産業災害、交通事故、火災等国民生活の安全をおびやかす災害の発生の防止を図り、国民運動を啓発することを目的としている。

全国安全会議は、こうした「国民安全運動」展開の中核として1960年に設立され、1963年に財団法人に組織替えされた。
設立に際し、「国民一人一人の安全への願いを全国安全会議の強力な活動を通じて達成せんとするものである」と結ぶ宣言を発表し、今日まで様々な活動を行っている。

また毎年、災害発生の防止に功績のあった者を対象に安全功労者として、内閣総理大臣の表彰が行われる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト