on-the-time.jp

7月1日

国民安全の日

昭和30年代前半に、生産の活発化に伴う産業災害の増加、自動車の激増に伴う交通災害の続発など、いろいろな災害により、国民生活が脅かされ、1959年に設置された産業災害防止対策審議会の答申を受け、1960年5月6日に閣議で了承され、制定された記念日。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

趣旨は、国民の一人一人が生活のあらゆる面で、施設や行動の安全について反省を加え、安全確保に留意し、これを習慣化する気運を高め、産業災害、交通事故、火災等国民生活の安全をおびやかす災害の発生の防止を図り、国民運動を啓発することを目的としている。

全国安全会議は、こうした「国民安全運動」展開の中核として1960年に設立され、1963年に財団法人に組織替えされた。
設立に際し、「国民一人一人の安全への願いを全国安全会議の強力な活動を通じて達成せんとするものである」と結ぶ宣言を発表し、今日まで様々な活動を行っている。

また毎年、災害発生の防止に功績のあった者を対象に安全功労者として、内閣総理大臣の表彰が行われる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト