gaYa広告

2009年06月20日

日本の男性の長寿世界一が、麻生首相批判!

ギネスブックで2007年6月に、男性の長寿世界一に認定されていた宮崎県都城市の田鍋友時(Tanabe Tomoji/1895 - 2009)が2009年6月19日午前5時に、慢性心不全のため自宅で113歳9カ月で死去したことから、京都府京丹後市の木村次郎右衛門(Kimura Jirozaemon/1897 - )が112歳で全国最高齢者になった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

郵便局に38年勤め、定年後は年金で悠々自適の暮らしをしている。
朝日新聞の取材で、長寿の秘訣を聞かれると「腹八分目、食細くして命永かれ」と答え、毎朝、新聞を1〜2時間も読み、国会討論や相撲中継を好んで見ると答えた。

最近の政治の感想を聞かれると、「麻生首相はすべてにわたって頼りない」と手厳しい評価をくだした。

先輩の言うことは聞くものである。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告