on-the-time.jp

2009年06月20日

日本の男性の長寿世界一が、麻生首相批判!

ギネスブックで2007年6月に、男性の長寿世界一に認定されていた宮崎県都城市の田鍋友時(Tanabe Tomoji/1895 - 2009)が2009年6月19日午前5時に、慢性心不全のため自宅で113歳9カ月で死去したことから、京都府京丹後市の木村次郎右衛門(Kimura Jirozaemon/1897 - )が112歳で全国最高齢者になった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

郵便局に38年勤め、定年後は年金で悠々自適の暮らしをしている。
朝日新聞の取材で、長寿の秘訣を聞かれると「腹八分目、食細くして命永かれ」と答え、毎朝、新聞を1〜2時間も読み、国会討論や相撲中継を好んで見ると答えた。

最近の政治の感想を聞かれると、「麻生首相はすべてにわたって頼りない」と手厳しい評価をくだした。

先輩の言うことは聞くものである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト