2008年06月20日

死ぬことを拒否するインターネットに関する「3つの神話」

AlterNetは、Annalee Newitzによるコラム「Three Myths About the Internet That Refuse to Die」を公開し、インターネットで暴走する神話を3つ紹介した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

最初の神話「インターネットは自由」

この神話で毒の部分は、インターネットが表現を解放するためにすべてのバリアを取り除くという誤った考えで暴走することで、インターネットはいくつかのバリアを取り除いたが、他のバリアを建設している。
ボランティアという言葉を使用することで、フィルタリング・ソフトがそれを許容するなら、多分、数分で自由な地元の公立図書館をオンラインで利用でき、Webサイトをセットアップできる。
しかし、それらの規制が発行されると、だれかの注意をも捕らえることができるか?

次の神話「インターネットは国境がない」
インターネットには境界があり、そして、国家の線に沿ってしばしば描くことができる。
さらに、言語の国境もある!
多言語ドメイン名などは、一種の国境になり始めている。
さらに中国の「電子版万里の長城(サイバー万里の長城)」などは、おそろしい国境になっている。

最後の神話は「インターネットは危険が一杯」
あなたのアドレスを見知らぬ人に与えない限り、あなたは本当の世界に決して持っていない匿名とオンライン保護のクッションを持っている。

インターネットに関する神話を世界で集めて、個別に私たちを滅ぼす両方の性能を過大評価することは、驚きではない。

これに加えていくと、膨大な数のインターネットの「神話」に遭遇する!
それは、ギリシャ神話やローマ神話、ペルシャ神話、中国8000年の神話、エジプト神話、八百万(やおよろず)の神々に遭遇する。
魑魅魍魎(ちみもうりょう)の古代中国神話「山海経」の世界に迷い込むことになる。

インターネット「神話」百科事典ができそうである。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト