gaYa広告

2008年06月20日

ヨーロッパ放送局、ドーピング問題でスポーツ報道を切る!?

Media Network Weblogはロイターからの情報として、スポーツ団体がドーピングに対する戦いで、最大の保証を提供しないなら、ヨーロッパの放送局はスポーツ大会の番組を切る準備ができているとEBU(European Broadcasting Union/欧州放送連合)が2008年6月20日金曜日に言ったと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

日本では、スポーツ番組はドル箱だから、ここまでは言えない。
情けない!
金まみれのTV放送局!

EBUは、テレビの放映権と放送時間に関してWADA(World Anti-Doping Agency/世界アンチ・ドーピング機関)による表面制裁の規則に従うように、統治するスポーツ契約に提示すると言った。

ドーピングは選手生命に係わることであり、麻薬とスポーツの関係を根絶することは、お金より正義を選んだ判断といえる。

EBUゼネラル・ディレクターJean Reveillonはロイターに、「昨年のドーピング事件数はドーピングと戦うために彼らを極限にするように私たちのパートナーに頼んで、私たちの決断を強化しました。」と言った。

さらに、「スポーツ番組が私たちの視聴者にできるだけ清潔な状態で提供できることを確実にする対策を実施するのは、私たちの義務です。」と言い足した。

「私たちの何人かのパートナーが、契約で規定された保証を提供しないなら、テレビの放映権と放送時間に関して制裁があるかもしれないでしょう。」と言っている。

ドーピング事件は過去数年、著しくサイクリングのツール・ド・フランス(Tour de France )上で、高貴なスポーツ競技を損なった。

また、ドーピングが発見されたハンマー投げなどは、8月の北京オリンピックの間も関係する。

ドイツ国営TVチャンネルのARDとZDFは2007年に、高いレベルのtestosteroneのために検査で陽性と出たドイツの選手パトリク・シンクバイツ(Patrik Sinkewitz)に対応して彼らのツール・ド・フランスの放送を中断させた。

ドーピングは、賭博以上に、生命にも関係することであるという意識が、薄すぎる!

スポーツ選手への賞金レースが大きく関係している。
契約金の高い、野球、サッカー、ゴルフ、格闘技などを徹底的に検査をすべきで、弁解などは聞く必要がない!

麻薬を放置してきたことから、一度、すべてのスポーツ番組を中止し、賞金レースを縮小する必要が有るのかもしれない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。