gaYa広告

2008年06月20日

ジャーナリストは、どれだけブログとビデオを投稿するか?

イギリスのJournalism.co.ukが、イギリスのジャーナリストについて、ブログとビデオをどのように活用しているかを調べた新しい調査「European Digital Journalism Study」の結果を公開したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

インターネット文盲は、でも手を出している!

「European Digital Journalism Study」によると、ヨーロッパ諸国のジャーナリスト応答者の41%がブログかビデオのコンテンツを提供したと答えたのに対し、イギリスのジャーナリスト応答者の61%がブログかビデオのコンテンツを提供したと答えたと報告した。

イギリスの応答者の4分の3以上が、Webで追加マルチメディア・コンテントを生産することが、彼らの仕事で最も大きい挑戦であると言った。

欧州諸国で9カ国347人のジャーナリストについて調査した「European Digital Journalism Study」では、イギリスのジャーナリスト85%が、ジャーナリスト・ブログが現在、それらのWebサイトの特徴であると言い、ブログを作りながら先端を行っていることを示した。

やっぱり、ジャーナリストは時代に遅れている!

しかし、総合的な応答者の10%だけが、マルチメディア・コンテントを生産するためのトレーニングを受けたと言い、イギリスは14%がトレーニングを受けたと答えた。

PR会社のBrands2LifeとヨーロッパのパートナーOriella PR Networkによって、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、およびイギリスで行われた調査研究「デジタル世代(digital age)」は、国、そして地方の放送とメディア・ジャーナリストに、どう仕事に障ったかに関して尋ねた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。