on-the-time.jp

2007年06月20日

角砂糖サイズの燃料電池開発

VNUnet UKは日本産業技術総合研究所(AIST/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)の科学者と、FCRA(ファインセラミックス技術研究組合)、日本特殊陶業は角砂糖と同じくらい小さいミニチュアの燃料電池「マイクロSOFCキューブ」を開発したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

このサイズだと、携帯電話やPDAなどにも燃料電池が採用される時代も近い!

1cmサイズで平均出力が2Wで、600C以下の比較的低い温度で作動する。
また、このマイクロ燃料電池は、電気を起こすのに水素と空気(酸素)燃料ミックスしたセラミックス技術を利用する固体酸化物型燃料電池(SOFC)を使用することで検査された。
さらにマイクロ燃料電池を積み重ねることも可能にしたことで、小型移動機器用電源の数10Wクラス(体積:数10cm3)から、自動車用補助電源、家庭用電源などに適用可能な数kWクラス(体積:数1000cm3)まで広く展開ができるようになった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。