on-the-time.jp

2007年06月20日

角砂糖サイズの燃料電池開発

VNUnet UKは日本産業技術総合研究所(AIST/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)の科学者と、FCRA(ファインセラミックス技術研究組合)、日本特殊陶業は角砂糖と同じくらい小さいミニチュアの燃料電池「マイクロSOFCキューブ」を開発したと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

このサイズだと、携帯電話やPDAなどにも燃料電池が採用される時代も近い!

1cmサイズで平均出力が2Wで、600C以下の比較的低い温度で作動する。
また、このマイクロ燃料電池は、電気を起こすのに水素と空気(酸素)燃料ミックスしたセラミックス技術を利用する固体酸化物型燃料電池(SOFC)を使用することで検査された。
さらにマイクロ燃料電池を積み重ねることも可能にしたことで、小型移動機器用電源の数10Wクラス(体積:数10cm3)から、自動車用補助電源、家庭用電源などに適用可能な数kWクラス(体積:数1000cm3)まで広く展開ができるようになった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告