on-the-time.jp

2007年06月20日

ペンタゴンがサイバー攻撃を受けた!

米国国防総省(Department of Defense)の職員からの情報として、最大1,500代のコンピュータがサイバー攻撃(cyber attack)を受けたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

どのような攻撃だったのかなど詳細は明らかにされなかったが、国防のロバート・ゲイツ(Robert Gates)長官は、コンピュータ・システムが再びすぐ働くと言っている。
と言うことは、最大1,500代のコンピュータがオンラインからオフラインになったということで、ロバート・ゲイツ(Robert Gates)長官は、1日あたり何百もの攻撃が米国国防総省にあり、これは部の操作に悪影響が全くなかったと報告している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト