gaYa広告

2007年06月20日

バイブレーター付きコンドームで大もめ!

BBCは、インドで発売されたバイブレーター付きコンドームでそれが禁止されているセックスのおもちゃか、それとも避妊具かで大論争になっていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

その大論争はマディヤプラデシュ州で暴挙を引き起こした。

さらにそのバイブレーター付きコンドームが国有会社Hind Latex社から発売されたことも、さらに大きな問題になっていると報告している。

インドでは、セックスのおもちゃが禁止で、セックスは、遊びですべきではなく、きちんと真剣にしろ!
カマスートラこそが真実である。

日本ではセックスのおもちゃが禁止ではないので、オンラインで購入できる。
Seller:MOODS
Price: Rs. 125.00 / USD 3.07

3 Number of Crezendo Condoms and one piece of Vibrating ring

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。