on-the-time.jp

2007年06月20日

タッチパネル市場が2012年までに倍増!

Cellular-newsは、iSuppliからの情報としてApple社がiPhoneで採用する前からタッチパネル市場が伸び始め、2006年のUS$24億から、2012年にUS$44億市場に拡大すると予測している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

タッチパネル(タッチ・スクリーン・ディスプレイ)市場は主に、携帯電話と家電業界から注目され、携帯型ゲームのコンソール、PDAs(Personal Digital Assistants)、およびPNDs(Portable Navigation Devices)の戦略技術として注目されている。

しかし、市場が熟すとき、iSuppliはタッチ・パネルが飛行機から、自動車に、マシン制御システムに、家電まで、エレクトロニクスのほとんどあらゆる局面に役割を当たると考えられている。

タッチパネルは、あらゆる市場に浸透していくインタフェースで、技術的には「resistive」「surface capacitive」「projected capacitive」「infrared」「SAW(Surface Acoustic Wave)」「optical」「bending wave」「active digitizer」の分野で浸透してくる。

タッチパネルの技術的可能性としては、「photo sensor in pixel」「polymer waveguide」「distributed light」「strain gauge」「multi-touch」「dual-force touch」「laser-point activated touch」「3D touch」がある。

これを見ると、タッチパネル市場は接触スクリーンの部品として100以上のメーカーのうちの2/3人以上がこの中に含まれることになる。

広い競争分野のために、現在、この市場は値引き競争の中にあり、ASP(Average Selling Prices)が次の5年間毎年10%の値下がりが予想されている。

利益が減少していることから、これからはM&Aが急増するとも予測されている。

接触接続を起こすディスプレイ表面には、ITO(Indium-Tin-Oxide)でコーティングされたガラスか、プラスチックが採用されている。

タッチ・パネルの利点は安値、高画質、マウス追跡、小さい目標起動、および土、ほこり、水または光によって影響されないという利点が指摘され、問題は、その耐久性が指摘されている。
つまり、意外なほど簡単に壊れることがある。

現在のところ、タッチパネル市場はまだ、ただ一つの接触のために設計され、2つ以上の機能を搭載したMulti-touch madnessがあまり登場していない。

ところがiPhoneの登場で、タッチパネル市場も一気にMulti-touch madnessへと動き出そうとしている。

つまり、2003年1月に見たカメレオン・インタフェースはまだモノクロであったが、今や完全にカラー化され、カラーのカメレオン・インタフェースが当たり前になってくる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト