2006年06月20日

米国でデジタルカメラを使用不能にするデバイスを開発!

Journalism.co.ukは、ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)の研究者がデジタルカメラ機能をブロックできる装置を開発したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

本来このデバイスは、映画産業の反著作権侵害製品の開発を支援するために、可視光とカメラを使用してデジタルカメラで使用されるセンサーを検出し、記録される画像を使用不可能にするため薄い光線を発光してCCDs(Charge-Coupled Devices)を無能にするために開発されたが、開発者によると、ビデオ・カメラ、または写真ぎらいな産業でデジタルカメラで取られるデジタル画像をブロックするのに使用できた。

現在のよう、タレントなどが携帯電話で撮影され、プライバシーを侵害される事件が多発していることから、これは良いかもしれないが、ただし、この装置は折りたたみの鏡を使用した一眼レフ(SLRs)には使用できないと報告している。

これを使えば、駐車違反の写真や高速道路のスピード違反の写真も無効にできることから、今後問題になることだろう。

さらに街角や銀行などに設置された防犯カメラも無効にできる可能性が出てくる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。