gaYa広告

2006年06月20日

中国が全土で風力と太陽発電を調査するセンターを開設

SciDevは、中国が風力発電と太陽エネルギーを研究するため、the China Meteorology Administrationの一部としてセンターThe Centre for Wind and Solar Energy Assessmentを開設したと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

センターでは、主要な中国の領域で、風と太陽からどのくらいのエネルギーが発生することができるかを知るために、全国的な調査を実施する。

中国は2005年に、風のエネルギーで126万キロワットを発生させた。
科学者は、この数が陸のベースの風のエネルギーで33億キロワットまで増加することができる予測している。

中国は広く、また雨が少ない砂漠地帯もあり、砂嵐もあることから、これらのエネルギーを生かすと、電力輸出国になれることでしょう。

日本は中国の化石燃料による公害被害も報告され、また一部の海底油田開発でも中国と問題を起こしていることから、このような事業にどんどん協力する必要がある。もし中国が電力輸出国になれば、日本は近隣である中国から電力を買うことも可能になる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。