gaYa広告

2006年06月20日

ワールドカップで泥棒がオンゴール!

Ananovaは、42歳のEva Standmannが週末に楽しみにしていたミュンヘンスタジアムで行われるブラジル-オーストラリア戦のチケットごとバッグを盗まれ、その試合を見に行った泥棒が試合会場で捕まった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

てっきり、チケットに搭載されたICタグ搭載のe-ticketカードで身分がばれて捕まったのかと思ったら、なんと泥棒が座った席の隣が彼女のご主人Berndの席で、盗まれた奥さんの席に座った男を泥棒と判断し、セキュリティを呼んで御用になった。

また、オランダのフィリップス(Philips Semiconductors)社は2006年6月14日に、FIFA(Federation Internationale de Football Association/国際サッカー協会)がパートナー関係を結び、非接触IC技術の「MIFARE」を採用して、すべてのワールドカップスタジアムのゲートでチケットをスキャンニングすることで、サポーターの各スタジアムへの安全かつ迅速な入場を実現していることを発表していたが、「「MIFARE」では、本人確認ができず、盗んだチケットでも入場できることが明らかになった。

問題は、全席指定で隣に座る人!
アナログが最高!
アナログ万歳!

でも泥棒の気持ちもわかる。
盗んだバッグにワールドカップのチケットがあったら、その先なんて考えないで見に行った。

こそ泥に、スキ有り!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト