gaYa広告

2006年06月20日

ワールドカップで泥棒がオンゴール!

Ananovaは、42歳のEva Standmannが週末に楽しみにしていたミュンヘンスタジアムで行われるブラジル-オーストラリア戦のチケットごとバッグを盗まれ、その試合を見に行った泥棒が試合会場で捕まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

てっきり、チケットに搭載されたICタグ搭載のe-ticketカードで身分がばれて捕まったのかと思ったら、なんと泥棒が座った席の隣が彼女のご主人Berndの席で、盗まれた奥さんの席に座った男を泥棒と判断し、セキュリティを呼んで御用になった。

また、オランダのフィリップス(Philips Semiconductors)社は2006年6月14日に、FIFA(Federation Internationale de Football Association/国際サッカー協会)がパートナー関係を結び、非接触IC技術の「MIFARE」を採用して、すべてのワールドカップスタジアムのゲートでチケットをスキャンニングすることで、サポーターの各スタジアムへの安全かつ迅速な入場を実現していることを発表していたが、「「MIFARE」では、本人確認ができず、盗んだチケットでも入場できることが明らかになった。

問題は、全席指定で隣に座る人!
アナログが最高!
アナログ万歳!

でも泥棒の気持ちもわかる。
盗んだバッグにワールドカップのチケットがあったら、その先なんて考えないで見に行った。

こそ泥に、スキ有り!

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト