on-the-time.jp

2006年06月20日

石原慎太郎知事が考える東京は、世界の先進都市ではなかった!?

未来

Wall Street Journalは、無線通信はまだ生まれたばかりなのに、米国では250以上の都市が街全体にWi-Fiを配備する計画をしていると報告した。そして、そのサービスのほとんどのネットワーク・プロバイダは、利用料を当てにするのではなく、ユーザーからの購読料で収入を得ることを当てにしている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

街全体に無線LAN環境を構築する計画を発表していない東京は、世界から遅れ、都市とは呼べない状況にきている。

もしかして、石原慎太郎知事はもう現代のスピードについてこれない、大昔の「太陽族/卒塔爺慎太郎」なのかもしれない。
というか、日本の都市部の知事や市長は、全体が時代に取り残された爺さんの集団になってしまった!

問題があっても、それを解決する意欲がないのでは、指導力の減退といえる。

今、ウェブ広告に向けた新しい市のWi-Fiビジネスモデルの上昇は、危険な市の無線プロバイダの考え方から、最初の波がきている。

調査会社IDCのワイヤレスのアナリストGodfrey Chuaは、市の無線市場が2006年のUS$8800万から2010年にはUS$5億1200万に拡大すると予想され、加入者ベースのビジネスモデルが使用されるかどうか、現在、展開しているフィラデルフィア、アナハイム、カリフォルニア、チャスカ、ミネソタ州などの市で最も注意して観察していると報告している。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。