gaYa広告

2006年06月20日

石原慎太郎知事が考える東京は、世界の先進都市ではなかった!?

未来

Wall Street Journalは、無線通信はまだ生まれたばかりなのに、米国では250以上の都市が街全体にWi-Fiを配備する計画をしていると報告した。そして、そのサービスのほとんどのネットワーク・プロバイダは、利用料を当てにするのではなく、ユーザーからの購読料で収入を得ることを当てにしている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

街全体に無線LAN環境を構築する計画を発表していない東京は、世界から遅れ、都市とは呼べない状況にきている。

もしかして、石原慎太郎知事はもう現代のスピードについてこれない、大昔の「太陽族/卒塔爺慎太郎」なのかもしれない。
というか、日本の都市部の知事や市長は、全体が時代に取り残された爺さんの集団になってしまった!

問題があっても、それを解決する意欲がないのでは、指導力の減退といえる。

今、ウェブ広告に向けた新しい市のWi-Fiビジネスモデルの上昇は、危険な市の無線プロバイダの考え方から、最初の波がきている。

調査会社IDCのワイヤレスのアナリストGodfrey Chuaは、市の無線市場が2006年のUS$8800万から2010年にはUS$5億1200万に拡大すると予想され、加入者ベースのビジネスモデルが使用されるかどうか、現在、展開しているフィラデルフィア、アナハイム、カリフォルニア、チャスカ、ミネソタ州などの市で最も注意して観察していると報告している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告