on-the-time.jp

6月21日

父の日

6月第3日曜日で、1908年6月5日にウェストヴァージニア州フェアモントのセントラル統一メソジスト教会(West Virginia at the Central United Methodist Church of Fairmont)のロバート・ウェブ博士(Dr. Robert Webb)が教会で、最初の父の日を開催したと言われている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

また、1909年に米国のワシントン州に住むJ.B.ドット夫人(Mrs. Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えるため、教会の牧師にお願いして父の誕生月であった6月に「父の日(Father's Day)」の礼拝をしてもらったことがきっかけとも言われている。

J.B.ドット夫人は、当時すでに母の日(Mother's Day)があったことから、父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」を牧師協会へ嘆願して始まったとも言われている。
1913年に、カルビン・コリッジ(US President Calvin Coolidge/1872 - 193)大統領が「父の日」の制定を提案し、ウッドロー・ウィルソン(Dr. Thomas Woodrow Wilson/1856 - 1924)大統領が1916年6月第3日曜日を「父の日」に制定した。
1972年には、米国で国民の祝日に制定された。
日本では、母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラを贈ることになっている。
また、台湾では「爸爸」と「88」の音から8月8日が「父親節」になっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告