6月21日

父の日

6月第3日曜日で、1908年6月5日にウェストヴァージニア州フェアモントのセントラル統一メソジスト教会(West Virginia at the Central United Methodist Church of Fairmont)のロバート・ウェブ博士(Dr. Robert Webb)が教会で、最初の父の日を開催したと言われている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

また、1909年に米国のワシントン州に住むJ.B.ドット夫人(Mrs. Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えるため、教会の牧師にお願いして父の誕生月であった6月に「父の日(Father's Day)」の礼拝をしてもらったことがきっかけとも言われている。

J.B.ドット夫人は、当時すでに母の日(Mother's Day)があったことから、父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」を牧師協会へ嘆願して始まったとも言われている。
1913年に、カルビン・コリッジ(US President Calvin Coolidge/1872 - 193)大統領が「父の日」の制定を提案し、ウッドロー・ウィルソン(Dr. Thomas Woodrow Wilson/1856 - 1924)大統領が1916年6月第3日曜日を「父の日」に制定した。
1972年には、米国で国民の祝日に制定された。
日本では、母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラを贈ることになっている。
また、台湾では「爸爸」と「88」の音から8月8日が「父親節」になっている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。