on-the-time.jp

6月1日

電波の日

1950年6月1日に「電波法」「放送法」「電波監理委員会設置法」の俗に言う「電波三法」が施行されたことから、電波利用に関する知識を普及啓発させる目的で、電波監理委員会が1951年に制定した記念日。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

電波監理委員会は1952年8月1日に廃止され、電波行政を継承した郵政省が1954年に、「6月1日」を新たに電波の日として制定した。
その後、1985年の電気通信自由化により、6月1日~15日を「テレコム旬間」として運営され、1994年からは5月15日~6月15日の1か月間を「情報通信月間」と拡充された。
また、6を「む」と読み、1を「線」として、無線としたという説もある。

総務省は、情報通信の発展に貢献した個人や団体、ICTサービス・システム事例を表彰している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。