gaYa広告

2006年03月21日

EUがフランス映画に1年あたり500万ユーロの国庫補助を承認した。

フランスの文化大臣Renaud Donnedieu de Vabresが頑張り、EC(The European Commission)は、EUがフランス映画と視覚産業に対し、文化の発達を支持して、越境貿易を妨げないと判断して、主として、映画産業、映画配信、シネマホール、テレビ映画の生産、ビデオ産業、およびいくつかの融資メカニズムとして、1年あたり500万ユーロの国庫補助を承認した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

The Tocqueville Connectionは2005年11月18日に、フランスの文化大臣レノード・ドンヌディウ・ド・バーブル(Renaud Donnedieu de Vabres)がブタペストで2005年11月17日から開催された哲学者や活動家などや、13カ国から文化大臣なども参加した「conference on European cultural identity and diversity(ヨーロッパの文化的なアイデンティティと多様性会議)」で、EU(European Union)に対してハリウッド映画の優位と戦うために「European cinema weeks(ヨーロッパ映画保護週間)」を映画館が確立するように要求したと報告し、The Guardianは2005年10月19日に、国連の文化的な政府機関UNESCO(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organisation)が米国からの痛烈な反対にも係わらず、「米国'文化帝国主義'(US 'cultural imperialism')」から勝ち取ったFranco-Canadian initiativeの文化的な多様性を保存して、促進することの名にかけて、外国音楽とコンテンツを制限することも含め、国が映画産業に助成金を支給して、グローバルな文化保護を実施するコンベンションを承認すると予測していた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告