gaYa広告

2008年04月03日

ヨーロッパでRSF、「報道の自由の日」に脅威を強調!

Google NewsはAFPからの情報として、メディア権利運動組織RSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)がパリで2008年5月3日の「世界報道自由デー(World Press Freedom Day )」に、ヨーロッパの中で安全であることをマークしたと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ジャーナリストと国際機関は、メディア権利に対する攻撃がアフリカ、アジア、およびラテンアメリカであったことを強調した。

RSFの最新版メディアに関する報告は承認されたEUの中で状況を正した。
「EU(European Unionヨーロッパ連合)の中に本物の報道の自由があります。」
「しかし、過去には国の検閲で、ジャーナリストの殺人か投獄が命令された。」
それはフランス、デンマーク、イタリア、北アイルランド、およびスペインを含んだいくつかの西欧州諸国で、何人かのジャーナリストが直面したセキュリティ問題を強調した。

WAN(The World Association of Newspapers/世界新聞協会)は2008年5月3日土曜日に、オリンピック大会の前に人権改革に関して中国の破られた約束と呼んだことを糾弾しながら、声明を出した。

国連の文化機構のUNESCOは、メキシコの政治腐敗、組織犯罪、および家庭内暴力の適用範囲で、メキシコ人のジャーナリストLydia Cacho Ribeiroに敬意を表し、彼女に「2008 UNESCO/Guillermo Cano World Press Freedom Prize」を贈与した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト