on-the-time.jp

2009年04月03日

ホワイトハウスが教えた電話番号は、セックス電話番号だった!

イギリスのAnanovaは2009年4月3日に、G20サミット(G20 summit)で、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)国務長官にインタビューすることを望んでいるジャーナリストが受け取った電話番号は、なんとテレフォン・セックス(phone sex line)番号だったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

何も知らなかったジャーナリストは、てっきりヒラリー・クリントンが電話に出て、インタビューに答えてくれると期待して電話すると、それは明らかにヒラリー・クリントンではなかった。

Fox Newsのレポートによれば、ホワイトハウスは、国務長官ヒラリー・クリントン(Secretary of State Hillary Clinton)と国家安全保障アドバイザー(National Security Advisor)のジム・ジョーンズ(Jim Jones)のオンザ・レコード・ブリーフィング(on-the-record briefing)のための電話番号をジャーナリストに渡したつもりだったが、その番号はテレフォン・セックス番号(sex line number)だった。

その番号にかけたジャーナリストは、優しい女性の声で、クレジット番号を聞いてきたのでびっくりした。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト