gaYa広告

2008年03月21日

Ilyas Shurpayevがモスクワの賃借アパートで刺され、絞め殺されていた。

ロシア国営TV局「Channel One」で働く、北カフカス共和国のDaghestanからのボランティア・レポーターであったIlyas Shurpayevがモスクワの賃借アパートで刺されたうえ、絞め殺されていた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Ilyas Shurpayevの遺体が発見された同じ日に、明らかになっていない狙撃者がDaghestanの国営テレビ局代表Gadzhi Abashilovの車に発砲し、殺害している。
捜査官はAbashilovの殺人を仕事関係といっていたが、Ilyas Shurpayevの殺害動機ははっきりしていないといっている。
元KGBが関係していると言う情報もある。
ロシアのRia Novostiは2008年3月30日に、タジキスタン警察が殺害した3人の容疑者を逮捕したと、タジク内務省の情報筋が日曜日に言ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告