2008年03月21日

世界的に有名な電波望遠鏡「Lovell telescope」閉鎖?!

1952年9月3日に工事を開始し、1957年8月2日に活動を開始して世界的に有名になった、イコンのような北イギリスのJodrell Bankにある記念碑的な電波望遠鏡「Lovell telescope」が予算不足で閉鎖されるかどうか検討に入った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

STFC(Science and Technology Facilities Council)によると、2年に1回実施され、数週間に渡って検討される予算会議によると、残す優先度はかなり低いと言っている。
e-MERLINの予算が2008年4月から引き下げられることになっている。
そして、8000万ポンドの不足分をSTFCは、多くのLinear Coliderなどの国際的なプロジェクトから手を引きながら、電波望遠鏡「Lovell telescope」を維持するのに必要な800万ポンドに直面し、維持の可能性があまりにも低いことから、e-MERLINネットワークにかかわる天文学者はショックを受けた。
AstrophysicsのためのJodrell Bank Centreのディレクターであるフィル・ダイヤモンド(Phil Diamond)は、「基金がよそよそしいなら、それは真剣にJodrell Bankを脅かすでしょう。」といっている。
マンチェスター大学(University of Manchester)によって運用されたJodrell Bank Observatoryは2007年に、50回目の記念日を祝った。
年間運用コスト270万ポンドが限界であると言っている。
STFCは、優先権がプロジェクトのすべてに資金を供給するようになると言っている。
天体観測は、過去の実績といった歴史ではなく、未来を優先するということだろう。
歴史は博物館に展示し、機能を停止する可能性が高くなった。
天文学者による叫び声は、2008年7月にSTFC(Science and Technology Facilities Council)を動かした。
マンチェスター大学は、今、残りの資金元を見つけなければならない。

Jodrell Bank Centreにある電波望遠鏡「Lovell telescope」のGoogle Earthポインター情報
53°14'11.66"N,2°18'30.87"W
または、
53.236572, -2.308575

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告