on-the-time.jp

2008年03月21日

世界的に有名な電波望遠鏡「Lovell telescope」閉鎖?!

1952年9月3日に工事を開始し、1957年8月2日に活動を開始して世界的に有名になった、イコンのような北イギリスのJodrell Bankにある記念碑的な電波望遠鏡「Lovell telescope」が予算不足で閉鎖されるかどうか検討に入った。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

STFC(Science and Technology Facilities Council)によると、2年に1回実施され、数週間に渡って検討される予算会議によると、残す優先度はかなり低いと言っている。
e-MERLINの予算が2008年4月から引き下げられることになっている。
そして、8000万ポンドの不足分をSTFCは、多くのLinear Coliderなどの国際的なプロジェクトから手を引きながら、電波望遠鏡「Lovell telescope」を維持するのに必要な800万ポンドに直面し、維持の可能性があまりにも低いことから、e-MERLINネットワークにかかわる天文学者はショックを受けた。
AstrophysicsのためのJodrell Bank Centreのディレクターであるフィル・ダイヤモンド(Phil Diamond)は、「基金がよそよそしいなら、それは真剣にJodrell Bankを脅かすでしょう。」といっている。
マンチェスター大学(University of Manchester)によって運用されたJodrell Bank Observatoryは2007年に、50回目の記念日を祝った。
年間運用コスト270万ポンドが限界であると言っている。
STFCは、優先権がプロジェクトのすべてに資金を供給するようになると言っている。
天体観測は、過去の実績といった歴史ではなく、未来を優先するということだろう。
歴史は博物館に展示し、機能を停止する可能性が高くなった。
天文学者による叫び声は、2008年7月にSTFC(Science and Technology Facilities Council)を動かした。
マンチェスター大学は、今、残りの資金元を見つけなければならない。

Jodrell Bank Centreにある電波望遠鏡「Lovell telescope」のGoogle Earthポインター情報
53°14'11.66"N,2°18'30.87"W
または、
53.236572, -2.308575

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。