2008年03月21日

「クリントン神話(The Clinton myth)」が崩れた。

「クリントン神話(The Clinton myth)」が崩れ、もう実際には、ほとんどヒラリー・クリントンに勝ち目が残っていなくなっていることから、Politicoは幻像のような空想のゲーム世界を民主党の大統領候補者選びの概念で劇的な大接戦である民主党のコンテストを語り始めると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

多くの人々がゲームとしてプレーしている理由として利用されているのは、多くのメディア心理学があると指摘している。
ジャーナリストが、クリントンのキャンペーン・パートナーになり、8月のデンバー国民会議で勝つために、困惑への恐怖から、ニューハンプシャーでジャーナリストは、厳しいクリントンを対象にするのを避ける傾向が働き、当惑させる予言報告を熱意で避ける。
賢明な策として、有権者が投票する前に投票に基づく予測を避ける。
また、メディアはクリントンの家族が16年間しているように、ほとんど神秘主義的な能力について全国レベルで魅惑される。
それは、何人かのレポーターが8月に行われる3番目の投票で、民主党の国民公会でどう勝つだろうかに関して話すとき、クリントンのキャンペーンにどのように傾くかを説明する。
こんなことを始めると、メディアが大統領を作るということが、現実になってくる。
クリントンが、もし、万が一勝つことになったら、「クリントン神話」が働いたことになる。
そして、このようなシナリオが書かれると言うことは、そんなことが過去にもあったのかもしれない。
そしてマスコミが期待するのは、ヒラリーが大統領執務室で若い書記官と起こす事故だったのかもしれない。
大統領による、元大統領への性的な逆襲でマスコミは、大統領選を利用して売り上げを伸ばすために、本当に動くかもしれない。
政治もマスコミも、下世話で、俗っぽいく、
もう、パロディの世界になり始めている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト