2008年03月21日

Googleは、700MHzで完敗したが、完全な勝者!

予測通り、Googleは700MHzのオークション全てで勝つことはなかったが、ワシントンポスト(Washington Post)は、販売された1,090のライセンスのいずれにも勝つことはなかったが、FCCによると、最低オークションの風通しの良さ規則の引き金となり、US$46億の付け値を満たしたと評価され、インターネット巨人は、より多くのオープン・ネットワーク意志を助け、Googleのユーザーが、より多くの場所で彼らのサービスにアクセスできると主張したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

Verizon Wirelessはワイヤレス電波の連邦オークションで最大の勝者であり、携帯電話と他のワイヤレス機器を使用するより多くの方法を消費者に与える全国中継を配布することに同意した。
FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は2008年3月20日に勝者を特定し、落札者がネットワークへのよりオープンなアクセスをユーザーに与えるネットワークを造ることを必要とする規則を採用した。
これだけを聞くと、Verizon Wirelessが全てを取ったように聞こえるが、実は米国内で最大の通信事業者VerizonとAT&Tがオークションで電波の80%を得て、FCCに支払われるUS$196億のうち、US$160億を支払った。
AT&Tは多くの地方市場ライセンスのために合計US$66億を誓約した。
民主党のFCCコミッショナー Jonathan S. Adelsteinは、「開架のための戦いに勝ちましたが、競争と多様性のための争いを失いました」といい、入札者の中で女性によって所有された会社はなく、1%だけが少数民族によって所有されていたと言い足した。
公益グループMedia Access Projectの副社長ハロルド・フェルド(Harold Feld)は、「これは新しい種類の装置を持っているのに非常に積極的で、ずっと多くのモバイル・コンピューティングが可能になるかもしれません。そして、私たちは多くの産業がこのオークションのために参入してくることを既に見ています。」と言っている。
公益グループConsumers Union(消費者連盟)の上級顧問クリス・マレー(Chris Murray)は、「これはたぶん一代で利用可能になる最も良いスペクトルです、そして、だれがそれを得るか?」
「テキスト・メッセージングに課金し過ぎて、あまりに一般になりすぎて手に負えなくなった着メロ・サービスなどを提供していた多くの会社」と、オークションが新しい全国的なワイヤレスの競争相手を作成しなかったと言った。
しかし、FCC委員長のケビン・J.マーチン(Kevin J. Martin)は、より小さいキャリヤーが地域市場でライセンスを得たと言って、オークションを防御し、2008年3月20日に、「オークションはお金だけで上げられなかった意義深い成功でした。」「米国で現職以外の入札者は、あらゆる市場でライセンスを得ました。」と言った。
他の勝者としては、EchostarとMicrosoft社の共同設立者ポール・アレン(Paul Allen)の会社Vulcanは、US$1億1200万でパシフィックノースウエスト(Pacific Northwest)の2つのライセンスを得た。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。