2008年03月21日

FBIが、中国のハッカーを徹底的調査をした結果を公開した。

ワシントンポスト(Washington Post)は、FBIが、スーダンでの6年に渡る闘争を終わらせるために支援された国家権利擁護団体グループ「Save Darfur Coalition」のリーダーとメンバーのメール・アカウントを明らかにした中国のハッカーを徹底的調査をした結果を公開したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

10人のメンバーのアカウントは、2008年2月前半から先週の間に、グループのWebサーバーをハックし、侵入して内部ページを見られた侵入者によると言った。
連合スポークスマンのM. Allyn Brooks-LaSureは、侵入者が「連合活動を破壊的にモニターして調べ、中断するときに、それが見えた」と言った。
そして、Webサイト・ログから、メールは中国にたどられ、インターネット・プロトコル・アドレスを示した。
専門家は、その主張が人権評論家に対して中国政府によるサイバー・スパイ活動とサイバー威嚇の10年間近い経過パターンに似ていると言った。
中国の弾圧以来、2008年の北京オリンピック・ボイコット、先週のチベット人のデモ参加者の呼び出しを掲載したとき、攻撃があった。
ワシントンを本部とした連合は、中国のスーダン政府サポート、闘争を終わらせるようにハルツームに圧力をかけ、公然と非難している。
グループは、国連安全保障理事会のメンバーとして、スーダンの主要な外交スポンサー、主要な兵器プロバイダー、最大の外国人投資家、および貿易相手に促し、平和をもたらす活動をしている。
連合の代表Jerry Fowler は、「北京のだれかが明確にメッセージを私たちに送ろうとしています。」 「しかし、彼らが、これらの攻撃で平和をDarfurにもたらすための努力を終わらせると思うなら、それらは間違いです。」と言っている。
ただし、匿名を条件に話した中国人職員は、その主張は誤っていると言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。