on-the-time.jp

2007年03月21日

YouTubeが2008年大統領選挙戦で絶大な効果があると予測した。

UPIは、ビデオ共有ウェブサイトYouTubeが2008年大統領選挙戦で絶大な効果があると政治評論家が予測したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Chicago Sun-Timesは2007年3月20日に、米国上院議員Barack Obamaが大統領になることを切望する独自に生産されたビデオで運動の主役になっていると「Is popular YouTube ad big trouble for Hillary?」を報告している。
ビデオはBarack Obamaを支持する広告の背景としてジョージ・オーウェルの1984(George Orwell's 1984)を使用し、米国上院議員ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)に重ねた。
ヒラリー・クリントンはWeb2.0(Politics2.0/政治2.0)で負けるかのしれないと感じるようになり始めた。
民主党のコンサルタントスティーブ・ジァディン(Steve Jarding)は、YouTube広告について「これは2008年の政治上の現象になるでしょう」と言っている。
民主党のジョン・エドワーズ(John Edwards)の選挙事務所長ニック・バルディック(Nick Baldick)は、サイトが選挙に大きい影響を与えると信じているとChicago Sun-Timesに話している。
民主党のミット・ロムニー(Mitt Romney)の選挙事務所長ケビン・マッデン(Kevin Madden)は、「あらゆるキャンペーンに、これと戦うニューメディア計画がなければなりません」と言っている。
こんなことは、テレビではできない!
ワシントンポストは2007年3月20日に、声までヒラリー・クリントンに似させ、数時間で100万人が見て、YouTubeで2位の記録を達成したと報告している。
ロサンゼルス・タイムズもインターネットの政治上のコミュニケーションはほとんど束縛できないない状態で、連邦選挙委員会(Federal Election Commission)は2006年、条例を発布しまと報告した。
どのような条例も、一度公開されれば口コミにより広がり、一つを閉じても雨後の竹の子ようにコピー版が登場し、自由を剥奪すると訴えるユーザーがさらに激しい行動に出ることだろう。
政治力で規制しようとすればするほど、民衆の心は離れていくことになる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。