on-the-time.jp

2007年03月21日

120年前の複雑なパズル「Lie group E8.」が解けた!

Cincinnati Postは、数学者の国際的なチームはマンハッタン島を覆っているほど複雑であると言う120年もののパズルを解いたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

数学者とコンピュータ科学者の18メンバーで実施したグループは、「Lie group E8.」として知られ、19世紀の対称の物、特に球、および微分学の研究で知られるノルウェー人の数学者ソーフィス・リー(Sophus Lie/1842 - 1899)によって発明されたパズルを解くためにPalo Altoのthe American Institute of Mathematicsに招集され、不可能と言われていたパズルに挑戦した。
プロジェクトのリーダーでメリーランド大学(University of Maryland)の数学教授ジェフリー・アダムス(Jeffrey Adams)は、「正確にそれが何であるかを言うことが、数学者が理解できないことが多くある。(To say what precisely it is is something even many mathematicians can't understand)」と言っている。
マサチューセッツ工科大学で研究者によって発表された問題の証拠を見つけるのに4年かかり、それはヒトゲノム計画のおよそ60倍のデータが関わった。
非常に圧縮されたフォームでコンピュータのハードドライブで格納されると、解決策はMP3の連続した音楽で45日間と同じくらい多くのスペースを取った。
研究所の指導官ブライアン・コネリー(Brian Conrey)は、「それらは、数学的構造のエベレスト山に盗聴したのに似ています。」と言っている。
ではそのパズルを解いたことで、なにかに役立つかと言えば、研究者は、その計算が明白な少しの実用化も持っていないが、理論物理学と幾何学を唱えることを助けることができると言っている。
では、何を解いたのか?
友人の数学者と話すと、結局何が問題なのかも判らないことが多いように、今回も結局何も判らなかった。
ある時から、私は数学者に質問することをやめた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。