gaYa広告

2006年03月21日

米兵が少なくとも26人のイラク民間人を殺したと報告した。

イギリスのIndependentは、米国軍は、米兵が少なくとも26人のイラク人の民間人を彼らがゲリラであると主張して殺し、または交錯している銃撃戦で死んだ2件の事件を調査していると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

しばしば攻撃の後に、イラク人反抗者を攻撃するのに夢中であった米国軍人で、子供を含む非武装のイラク人の家族の報復的な殺害は、1968年にベトナムで発生した「My Lai」を思い出させる。
彼らが反乱者攻撃の余波で見つけたどんなイラク人も撃つという噂は説得力があり、詳細な殺害に関する情報は、イラク人の中で米国軍の悪名を高くする可能性が非常に高いことから、反乱者の攻撃材料に利用される可能性も出てきている。
これを情報操作に利用した攻撃は、爆弾や地雷より威力があり、米国にとって致命的な攻撃になる可能性を含んでいる。
Independentの報告の前に、米国のU.S. Joint Forces Commandはイラクで行われた軍事行動の非分類された歴史的なレポート「Iraqi Perspectives Project: A View of Operation Iraqi Freedom from Saddam's Senior Leadership」を発表した。

「My Lai」とは
1968年3月16日に、ベトナム戦争で米軍のカリー(William Calley)少尉が指揮する小隊が、ソンミ(Son My)村で女性や子供など、無抵抗の村民504人(50人は3歳以下、69人は4歳から7歳、91人は8歳から12歳、27人は70〜80歳代)以上を大虐殺(My Lai massacre/Son My massacre)した。ニューヨーク・タイムズが11月になって明らかにした。1969年3月16日に米国軍事会議は終身重労働刑を宣告したが、ニクソン大統領が1970年4月1日に仮釈放した。
米国の戦争犯罪に対する建前論が明確になったことで知られている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。